11月9日の米株式市場で米ウーバーテクノロジーズ株が急伸したと、米CNBCが同日報じた。終値は前週末比7.38%高の48.18ドルで、上場来最高値。2019年6月以来初めて公開価格の45ドルを上回ったという。米ファイザーが、独バイオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンの治験で高い有効性を確認できたとの初期データを公表。配車などの消費者向けサービスの需要が回復するとの期待が高まったという。ウーバー株は前週34%上昇。配車サービスの運転手を個人事業主と定める米カリフォルニア州の住民立法案が賛成多数で可決したことを市場が好感したと報じている。