米大統領選で当選を確実にしたジョー・バイデン候補が2021年1月20日に就任した後、トランプ氏はSNS上で一般人と同等の扱いになる見通しだと、ロイターが11月8日に報じた。米ツイッターは公職に就く人やその候補者の規約違反の投稿について、問題はあるものの、公共性もあるとして削除せずに注記とともに表示できるようにしている。同ルールが適用されるのは現職者や現在の候補者のみ。その地位から退いた人は一般人として扱うという。米フェイスブックにも同様に、第三者監督機関による審査から政治家や公職者などの投稿を除外する規定があるとする。バイデン氏の大統領就任後、トランプ氏の投稿はこの除外対象から外れる見通しだと報じている。