米テスラが中国でアフターサービスや販売促進を強化するとロイターが6日、報じた。修理やメンテナンスの店舗を2倍に増やし、充電ステーションを約100カ所増やす。ショールームを改修し、販売や納車、顧客サポートの拠点にするという。まずは上海と広州で施設を拡充する。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はマーケティングを重視しない経営方針を示しているものの、中国ではカーレースイベントを開催したり、ショールームでパーティーを催したりするなど、顧客サービスに力を入れているという。