米アドビシステムズは、プロ向けの描画ソフト「Illustrator」と画像処理ソフトの「Photoshop」のiPad版を発表した。米ロサンゼルスで4日から開催中の同社のイベントで明らかにしたもの。正式にPhotoshopの提供を始めた。Illustratorでは、ペンやタッチ操作で、形や曲線を作成できるようにして20年にリリースする予定。アドビのクラウドサービスを利用して、iPad版とPC版との間で作成したデータを交換できる。両ソフトはアドビの主力製品で、iPadに対応することで、ユーザー層の拡大を狙う。