米グーグル傘下のユーチューブが、米大統領選でトランプ氏が勝利したと主張する動画を放置していると、米CNBCが11月4日に報じた。右派寄りのニュースメディアが同日朝に投稿した「トランプ氏勝利」と題する動画で、「共和党支持者の投票を標的にした不正行為があった」とし、民主党に対し行動を起こすよう視聴者に呼びかけているという。ユーチューブの広報担当者は「投票妨害を目的とする動画はガイドラインに抵触するものの、投票後は対象外」と説明したとする。一方で、明らかに誤った情報は広告ポリシーに抵触するとし、広告の掲載は中止したという。