2020年7〜9月期におけるSNS企業各社の利用者1人当たりから得られた平均収入(ARPU)はいずれも大きく伸びたと、米CNBCが11月3日に報じた。米フェイスブッ クは前年同期比9%増の7.89ドルで首位を維持したという。米スナップは同28%増の2.73ドル、米ピンタレストは同15%増の1.03ドル。ただし、フェイスブックの米国とカナダの日間利用者数は前年同期の1億9800万人から1億9600万人に減少した。欧州では横ばいが3四半期続いており、利用者の拡大が急務だと報じている。