米ツイッターが、米紙ニューヨーク・ポストのアカウント凍結を解除したと、米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが10月30日に報じた。同紙のアカウントは、米大統領選候補バイデン前米副大統領と息子ハンター氏に関する疑惑記事を投稿した同14日から使えなくなっていたという。ツイッターは「個人情報を含むハッキングされたコンテンツは規定違反」と説明していた。その後、記事へのリンクを含む投稿を許可したものの、同紙に対しては関連の投稿を削除するよう求めていたという。今回、ポリシーを再度変更し、先の決定を撤回したと報じている。