米マイクロソフトは10月27日、2020年7〜9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比12%増の371億5400万ドル、純利益は同30%増の138億9300万ドルだった。クラウドサービス「Azure」を含む「インテリジェントクラウド」の売上高は同20%増の129億8600万ドル。Azureは同48%の増収だった。ビジネス向けサービスなどの「プロダクティビティー&ビジネスプロセス」は同11%増の123億1900万ドル、Windowsライセンスなどの「モア・パーソナル・コンピューティング」は同6%増の118億4900万ドル。パソコンの「Surface」も同37%増と好調だった。