米マイクロソフトは23日、2019年7〜9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比14%増の330億5500万ドル、純利益は同21%増の106億7800万ドルで2桁の増収増益だった。クラウドサービス「Azure」を含む「インテリジェントクラウド」、ビジネス向けサービスなどの「プロダクティビティー&ビジネスプロセス」、WindowsライセンスやXbox、Surfaceなどの「モア・パーソナル・コンピューティング」の主要3部門の売上高が伸びた。Azureの売上高は同59%増で、主要製品・サービスの中で最も高い伸び率。