米議会上院の司法委員会が、米ツイッターと米フェイスブックのCEO(最高経営責任者)に召喚状を出すことを賛成多数で承認したと、ロイターや米CNBCが10月22日に報じた。大統領選候補バイデン氏のウクライナ企業に絡む疑惑記事の表示を制限したことを巡り、強制力をもって証言を求めるとする。トランプ大統領や共和党議員の多くは、テクノロジー企業が保守的な言論を抑制しているとの批判を繰り返しているという。