米インテルは10月22日、2020年7〜9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比4%減の183億3300万ドルで、純利益は同29%減の42億7600万ドルだった。全売上高の半分以上を占めるパソコン向け半導体事業の売上高は同1%増の98億4700万ドル。ノートパソコン向けは増えたが、デスクトップ向けは減った。平均販売価格は低下した。データセンター向け半導体事業の売上高は同7%減の59億500万ドル。在宅の広がりでクラウドサービス企業向けが同15%増加したものの、コロナ禍の景気悪化で企業・行政向けが同47%減少した。10~12月期の売上高は174億ドル、20年通期の売上高は753億ドルを見込んでいる。