米アップルは10月13日、次世代通信規格「5G」に初めて対応したスマートフォン「iPhone 12」シリーズを発表した。全4機種いずれも5Gに対応する。プロセッサーは「A14 Bionic」を搭載。他社のスマホ向け最速チップと比較し最大50%高速のCPUとGPUを備えるとしている。本体前面を「セラミックシールド」で覆い耐久性を高めた。画面サイズが6.1インチの「iPhone 12」の価格は799ドルから。5.4インチの「12 mini」は699ドルから。背面に2台のカメラを備える。広角カメラと超広角カメラでナイトモードを利用できるようにした。背面にカメラを3台備える「Pro」シリーズも2機種を用意。6.1インチの「12 Pro 」は999ドルから。6.7インチの「12 Pro Max」は1099ドルから。3次元センサーの「LiDAR(ライダー)」を搭載し、拡張現実(AR)の表現をより正確にしたほか、ナイトモードでポートレート写真の撮影を可能にした。