米フェイスブックが、第2次世界大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を否定したり、ゆがめたりする投稿を削除する方針を決めたと、米CNBCなどが10月12日に報じた。これまで意図せぬ誤りの可能性もあるとし、容認する姿勢を示していたという。マーク・ザッカーバーグCEOは自身の投稿で、「表現の自由を擁護する立場とホロコーストを否定することによる弊害の間で苦しんできた」とし、「反ユダヤ主義による暴力が増えているとのデータを見て、考えが変わった」と述べた。18~39歳の米国成人を対象にした調査で約4分の1が「ホロコーストは作り話」「誇張されている」などと答えたという。