米アップルと人気ゲーム「フォートナイト」の開発元である米エピックゲームズの訴訟を巡り、米連邦地裁がアップルのアプリ削除措置を容認する判断を示した。ロイターなどが10月9日に報じた。エピックは2020年9月に開発者アカウントの再開とアプリの配信再開を求める仮差し止めをカリフォルニア州の連邦地裁に申し立てていた。一方、アップルは課金を回避するシステムの導入は契約違反だとし、損害賠償などを求めて反訴した。今回、地裁判事は、アップルの反論に対しエピック側は十分に立証できていないとし、アップルの措置を維持する判断を示したという。