米アップルが2020年前半に拡張現実(AR)用の眼鏡型ウエアラブル端末などを発売する計画だと米CNBCが9日、報じた。アップル製品の市場動向に詳しい著名アナリストのミンチー・クオ氏が分析したという。同氏は、アップルが20年1〜3月にiPhone普及モデルの新型機「SE2」とタブレット端末「iPad Pro」の新型機を発売すると予測。20年4〜6月には、ノートパソコン「MacBook」の新型機とAR用眼鏡型端末を発売するとみている。AR端末は、他社と連携して開発を進めているという。