米アマゾン・ドット・コムは10月8日、自社の物流網に導入する予定の配送用電気自動車(EV)を公開した。出資する新興EVメーカー、米リビアン・オートモーティブが製造した。アマゾンにとって初のカスタムEVだという。最新のセンサー技術や運転支援機能、360度カメラなどを装備する。AI(人工知能)アシスタント「Alexa」を組み込んでおり、経路・気象情報にハンドフリーでアクセスできるとしている。2022年に1万台導入し、30年までに10万台に拡大する計画。二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を40年までに達成すると公約しており、新車両はこの取り組みの一環としている。