米グーグル系の自動運転開発会社の米ウェイモは10月8日、米アリゾナ州フェニックスでセーフティードライバーが乗車しない完全自動運転の配車サービスを一般提供すると明らかにした。これまで秘密保持契約を結んだ参加者を対象に試験サービスを実施していた。まず、自動運転サービス「Waymo One」の利用経験者に提供し、数週間で新規利用者にも広げるとしている。ウェイモのジョン・クラシクCEO(最高経営責任者)は、「近い将来すべてのWaymo Oneが完全無人になる」と述べた。