米フェイスブックは8日、企業向けSNS「Workplace」とビデオ通話端末「Portal」を連携させることを明らかにした。Workplaceにはパソコンやスマートフォンを使ったビデオ通話機能がある。Portalとの連携では話し手の動きに合わせてカメラが自動でパン/ズームするという。Workplaceは2016年に始めた業務コラボレーションサービス。有料利用者数は19年10月で300万人を超えた。