米グーグルが動画共有アプリの米ファイアワークの買収について協議中だと米ウォール・ストリート・ジャーナルが4日、報じた。同名のアプリは30秒ほどの短い動画を投稿して楽しむもので、中国の字節跳動科技(バイトダンス)が手がける「TikTok(ティックトック)」と競合する。中国のSNS大手、微博(ウェイボ)もファイアワークの買収に興味を示しているが、グーグルのような進展は見られないと関係者は話しているという。