中国発の動画投稿アプリ「TikTok」や対話アプリ「微信(ウィーチャット)」を禁ずる米政府の措置は世界貿易機関(WTO)の規則に違反していると中国が主張した。ロイターが10月5日に報じた。同2日に開催された非公開会議で中国の代表団は、「米国の措置は明らかにWTO規則に合致しない。国境を越えた商業サービスを制限しており、多国間貿易の基本原則・目的に違反している」と述べたとする。米国側は「国家安全保障上のリスク低減が目的」と述べたという。