米テスラがコンピュータービジョンを手がける米新興企業、ディープスケールを買収すると米CNBCが1日、報じた。すでに同社のフォレスト・イアンドラ最高経営責任者(CEO)はテスラで自動運転開発部門の機械学習担当シニアスタッフの役職に就いた。同部門では今年、約1割に当たる十数人の技術者が去ったという。ディープスケールの技術は自動車向け低消費電力プロセッサーに適するとされる。