米大統領選の第1回テレビ討論会が行われている間、国外から妨害行為あったとして米ツイッターが約130のアカウントを削除した。ロイターが9月30日に報じた。ツイッターは自社の投稿で、米連邦捜査局(FBI)から提供された情報に基づき調査し、削除したと述べている。イランから発信された疑いがあるという。大きな影響はなくSNS上で混乱は生じなかったとしている。調査が終了次第、詳細を公表するという。