米フェイスブックは、フェイクニュースの識別と審査を行うファクトチェックの対象から「意見」や「風刺」を除外する計画だと米ウォール・ストリート・ジャーナルが30日に報じた。同社が意見や風刺と見なしたコンテンツは、第三者ファクトチェッカーが不正確な内容があると判断したとしても「虚偽」に分類しない。新ルールでは、パブリッシャーが評価の不服申し立てをフェイスブックに行えるようにするという。