米動画投稿サイト「ユーチューブ」は、すべての反ワクチンコンテンツを禁止すると発表した。9月29日にロイターなどが報じた。ユーチューブではすでに新型コロナウイルスのワクチンについて誤った情報を含むコンテンツを禁止していたが、今後は新型コロナウイルス以外の承認済みワクチンについても、誤った情報を含むコンテンツを禁止する。さらに、著名な反ワクチン活動家と関連しているチャネルについても停止するという。健康に関する偽情報が拡散されている状況について大手ソーシャルメディアに批判が集まっている中での対応となった。