米アップルが自社制作映画の劇場上映を計画中だと米ウォール・ストリート・ジャーナルが27日に報じた。同社は今年11月1日にサブスクリプション形式の動画配信サービス「Apple TV+」を開始する。同サービスで新作を公開する数週間前に映画館で上映したい考えだという。目的は著名な監督やプロデューサーを引き付けること。2020年半ばに劇場公開を計画している新作映画の1つにはソフィア・コッポラ監督作品があると関係者は話す。