米ウーバーテクノロジーズは26日、配車サービスと料理宅配サービスを1つのアプリに統合することを明らかにした。「日常生活の基本ソフト(OS)」になることを目指す刷新だという。現在は米国などの数百の都市で試験的に提供している。公共交通機関の乗換案内、電動アシスト自転車と電動スクーターのシェアリングサービス、配車サービスの割引料金や無料配達などを提供するサブスクリプションなどもアプリ内で提供する。