米グーグルの持ち株会社である米アルファベット傘下で、ドローンメーカーの米ウイングは19日、バージニア州でドローンを使った宅配サービスの実証実験を始めることを明らかにした。米物流大手フェデックスやドラッグストアチェーン大手ウォルグリーン、地元の小売業者と提携し、宅配の荷物や市販薬、スナック菓子、文房具などを顧客に届ける。ウイングは今年4月にFAA(米連邦航空局)から航空運送業者の認可を取得した。