米アップルが10日に発表した「iPhone 11」は、事前予約が好調だと米CNBCが16日に報じた。アップル製品の市場動向に詳しい著名アナリストのミンチー・クオ氏が分析したという。同氏は2019年内のiPhone11の出荷台数はシリーズ全体で7000万~7500万台になるとし、従来予想を上方修正した。米国では上位モデル「11 Pro」への需要が高い。一方で普及モデル「11」に対する需要は中国の方が高いという。11の価格は中国の平均月収の1~1.3倍で、前モデル「XR」の発売当時の同1.5~1.7倍に比べて購入しやすくなったという。