米アマゾン・ドット・コムがEC(電子商取引)サイト内で検索時に収益性の高い商品を優先表示するようにしたと、米ウォール・ストリート・ジャーナルや米CNBCなどが16日に報じた。2018年末ごろにアルゴリズムを変更し、より高利益率の商品を表示する要素を加えたという。小売部門の幹部が同社のプライベートブランド商品を優先表示させるように検索システム部門に圧力をかけたとする。アマゾンは報道を否定。広報担当者は「新機能が顧客体験と当社事業にどう影響を及ぼすかを検証しているが、1つの基準に基づいて判断することはない」と述べているという。