人気ゲーム「フォートナイト」の開発会社である米エピックゲームズが米アップルを反トラスト法(独占禁止法)違反で訴えていた訴訟で、9月10日に下された米連邦地裁の判決を不服として控訴したことを明らかにした。米ブルームバーグなどが9月13日に報じた。エピックは、アップルのアプリ配信サービス「アップストア」で有料アプリに課している最大30%の手数料が独占禁止法違反にあたると主張し、2020年8月にアップルを提訴した。アップルはモバイル端末向けゲーム市場には多くの競合が存在するため同社は独占企業ではないと強調し続けていた。連邦地裁はアップルの主張の大半を支持する判決を下し、手数料の変更も命じなかった。