米連邦取引委員会(FTC)が米アマゾン・ドット・コムに対する反トラスト法調査の準備を進めていると米ブルームバーグが11日、報じた。複数の出品業者を対象に平均90分間の聴取を行っているという。内容は業者の売上高に占めるアマゾンやウォルマート、イーベイの比率など。アマゾンの影響力の大きさを調べているものとみられ、広範囲に及ぶ調査が始まったことを示しているという。