中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」が米国、ニュージーランド、オーストラリアの事業の売却先をすでに決めていると、米CNBCが8月31日に報じた。米国時間の9月1日にも発表する可能性があるという。これまで米ウォルマートと連携する米マイクロソフトや、米オラクルが有力候補で、売却額は200億〜300億ドルと報じられていた。一方、中国政府が技術輸出の規制を強化しており、取引は停滞したり頓挫したりする可能性があるという。