中国政府が技術輸出リストを改訂し、規制を強化したと、米ウォール・ストリート・ジャーナルや米CNBCなどが8月30日までに報じた。中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の技術が含まれている可能性があるという。米企業によるティックトック米事業の買収交渉が困難に直面しそうだと報じている。新たな輸出制限の対象にテキスト解析やコンテンツ・レコメンデーション、音声認識といったデータ処理技術などを加えたとする。中国国営の新華社は同国の専門家の話として、「バイトダンスはおそらく政府の許可を得なければならない。売却交渉を中断する必要があるかもしれない」と報じたという。