米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が7億5000万米ドルに相当する500万株以上の株式報酬を受け取る。米CNBCなどが8月26日に報じた。8月24日に共同創業者である故スティーブ・ジョブズ氏から経営トップの職を引き継いで10周年を迎え、CEO就任時に合意した報酬契約の最終分を受け取る予定だという。クック氏の就任以来、アップルの株価は1200%を超える上昇を記録している。同氏は報酬の一部を慈善団体に寄付すると述べていた。同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した資料の中で、1000万米ドル相当の株を数日前に寄付したことが明らかとなった。