米調査会社のガートナーが8月25日に公表したレポートによると、2020年4〜6月の世界のスマートフォン販売台数は前年同期比20.4%減の2億9466万9900台だった。新型コロナウイルスの感染拡大が引き続き市場に影響を及ぼしたという。販売台数上位5社は、韓国サムスン電子、中国・華為技術(ファーウェイ)、米アップル、中国・小米(シャオミ)、中国・OPPO(オッポ)の順。サムスンが同27.1%減、シャオミが同21.5%減、オッポが同15.9%減と2桁減。アップルはほぼ横ばいの同0.4%減。ファーウェイは同6.8%減と比較的小幅な減少にとどまった。