米アドビが動画コラボレーションソフトウエア開発のスタートアップ企業米フレーム・ドット・アイオー(Frame.io)を現金約13億ドルで買収する。8月19日に米ブルームバーグなどが報じた。この買収により、アドビは「フォトショップ」や「イラストレーター」などで知られるアドビの主力部門「クリエイティブ・クラウド」の強化をを狙うという。Frame.ioは2015年に設立し、ユーザー数は現在世界で100万人を超える。アドビはクリエイティブ・クラウドの利用者の多くがFrame.ioも利用していることを知り、自社開発も検討したうえで今回の買収に踏み切ったという。買収は2021年9~11月期中の完了を予定している。