トランプ米大統領は、動画投稿サービス「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却に際して、中国への資金流出を阻止したい考えだと、ロイターが8月19日に報じた。トランプ氏は売却益の相当な部分を米政府が得るのなら、名乗りを上げている米マイクロソフトを支持すると述べていたという。米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は、「大統領は資金を中国が手にするのを阻止したいのだろう」と述べたとする。トランプ氏は、マイクロソフト以外にも買収に関心を示している企業があるとも述べていたという。