米ツイッターがユーザーによる誤報報告機能の試験的運用を開始した。8月17日に米ザ・バージなどが報じた。スパムや不適切な内容などが報告できる既存の「ツイートを報告する」機能に誤報項目が追加される形で、誤報報告をするとその内容が政治的であるか、健康に関するものか、それ以外かなどの選択肢が表示される。バイデン政権は新型コロナウイルスの新異種感染拡大を受け、7月に誤情報についてより強固な姿勢をとった。ワクチンに関する偽情報が拡散している現状からフェイスブックをはじめとするソーシャルメディアについても強く批判している。新機能は8月17日から米国、オーストラリア、韓国に住む大半のユーザーが利用できるようになる。ツイッターは試験的運用を1~2ヵ月行った上で、さらに多くの地域で本機能を展開するかどうか決定するという。