米フェイスブックが新型コロナウイルス感染拡大への対応で、従業員の在宅勤務を2021年7月まで許可する方針を決めたと、米CNBCやロイターなどが8月6日に報じた。公衆衛生や政府の専門家の助言などに基づく判断だという。自宅作業に必要な器具の購入費用として1人当たり1000ドルの手当を追加で支給する。一部のオフィスは収容人数を制限して順次再開するものの、多くは20年内に再開できないだろうと広報担当者は話したという。