米グーグルは5日、ハードウエア製品の輸送に関わる事業活動で、二酸化炭素(CO2)排出を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すことを明らかにした。2020年に製品の出荷と廃棄の工程で100%をカーボンニュートラルにする。22年からスマートフォン「Pixel」やAIスピーカー「Google Home」などのすべての自社ブランド製品に再生資源を用いるという目標も掲げた。