米フェイスブックが政治広告の透明性などについて研究していた複数の研究者の個人アカウントを停止した。8月4日に米ザ・バージなど複数のメディアが報じた。フェイスブックは、研究者グループが利用規約に反して許可なくユーザーデータを取得していたという。対して研究者グループは、フェイスブックは同プラットフォーム上の問題が露呈することを阻止したと主張する。アカウントを停止された研究者グループはニューヨーク大学のプロジェクトチームの一部で、政治広告について費用を負担する広告出稿者やターゲティング内容を明らかにすることを目的としている。フェイスブックが政治広告についてファクトチェックをしていないため、誤情報の拡散について理解を深めるために重要な役割を持つといわれる。