英競争・市場庁(CMA)は8月4日、米アマゾン・ドット・コムによる英料理宅配サービス「デリバルー(Deliveroo)」への出資を許可した。アマゾンが英料理宅配市場に再参入しない理由はこの取引にあると指摘し調査していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営難に陥ったデリバルーは「破綻企業」とみることができるという。「アマゾンの出資なくしては事業撤退を余儀なくされ、市場競争環境はより悪化する」としている。今年4月以降業績は改善に向かっており、アマゾンが今後出資比率を高めることがあれば、新たな調査の対象になると警告している。