米アップルに特許を侵害されたとして、中国のAI(人工知能)企業が上海の裁判所に提訴したと、ロイターや米ウォールストリート・ジャーナルなどが8月3日に報じた。アップルの音声アシスタント機能「Siri」が自社の特許を侵害していると主張。100億元(14億3000万ドル)の損害賠償と、製品の製造・使用・販売・輸入の中止を求めているとする。アップルは声明で、Siriの機能には中国企業の特許は含まれていないとし、「提訴は残念だ」と述べたという。