米マイクロソフトによる動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の買収を巡り、トランプ米大統領が条件付きで容認する意向を表明した。ロイターなどが8月3日に報じた。取引を可能にするのは米政府であるとし、「誰がいかなる金額で買収しようと、取引額の相当な部分を米財務省が得る必要がある」と述べたとする。交渉期限を2020年9月15日とし、不成立の場合は利用を禁じると警告したという。