決済サービス大手の米スクエアがオーストラリアでBNPL(後払い)サービスを展開するアフターペイを290億米ドルで買収すると発表した。米ブルームバーグなど複数のメディアが8月1日に報じた。両社は全株式交換での買収に合意しており、手続きは2022年第1四半期に完了する予定としている。2014年設立のアフターペイは利息を科さない分割払いサービスを提供しており、世界中で1600万人以上のユーザーと約10万の事業者が利用している。2020年4月よりスクエアの競合である米ペイパルが後払いサービスの提供を開始している。また、2021年7月には米アップルも後払いサービスに参入すると報じられるなど競争が激化している。