米アップルが中国のモバイルアプリ配信ストアで、アプリを計2万9800本削除したと、ロイターが8月1日に報じた。うちゲームは2万6000本以上に上るという。中国当局は有料モバイルゲームアプリにライセンスの取得を義務付けており、未認可ゲームの取り締まりを強化しているという。アップルは今年初め、開発者に対し同6月末までに政府発行のライセンス番号を提示するように求めていた。ライセンスの取得には時間がかかるほか、手続きが複雑であるため、大手を除くすべての開発者に影響が及んでいると業界関係者は話しているという。