米アップルは30日、2019年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比1%増の538億900万ドル、純利益は同12.8%減の100億4400万ドルだった。iPhoneの売上高は同11.8%減の259億8600万ドルで、売上高全体に占める比率は前年同期の約55%から約48%に低下した。一方で、アプリや音楽の配信などのサービス売上高は同12.6%増の114億5500万ドルとなり、四半期として過去最高を更新した。