米アマゾン・ドット・コムは25日、2019年4〜6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比20%増の634億400万ドル、純利益は同3.6%増の26億2500万ドルだった。前四半期までは連続して最高益を更新していたが、5四半期連続の更新はならなかった。海外事業の営業損失が6億100万ドルとなり、赤字幅が拡大した。配送コストは同36%増大した。一方、クラウドサービス「AWS」は、営業利益が同29%増の21億2100万ドルで、営業利益全体(30億8400万ドル)のほぼ7割を占めた。