米連邦取引委員会(FTC)は24日、米フェイスブックで最大8700万人分の個人情報が流出した問題で、同社に50億ドルの制裁金を科したことを明らかにした。消費者のプライバシーを侵害した企業に対する制裁金としてはこれまでで最大だという。和解の条件として厳格な管理体制を義務付けた。同社ではプライバシーに関する独立した委員会を設置する。新たに指名する複数のコンプライアンス責任者が四半期ごとにレポートを作成し、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)や独立した審査員、FTCに提出する。