米イーベイは、「クラシファイド広告」と呼ばれる個人間売買・求人・不動産などの案内広告の事業をノルウェーの広告大手アデビンタに売却することで合意した。7月21日に明らかにした。売却額は92億ドル。25億ドルの現金とアデビンタ株約5億4000万株を受け取る。手続き完了後は議決権の33%を持つ筆頭株主になる。アデビンタは世界最大のオンライン・クラシファイド広告企業になるという。2021年1〜3月の手続き完了を見込んでいる。